私が口臭が匂うことが多いため、いつもケアをしています。

私はいつも口臭をケアしています。http://local1521a.org/

その理由は子供が寝る前に「ママの駆逐債」といわれたことがあるからです。というか機能も言われました。なので最近は毎日ケアをしています。具体的には、ガムをかんだりしています。よくキシリトールのガムを買って、そのガムを食べたりしてケアしています。あとは歯磨きをしっかりとするということかなと思います。私はもう昔から虫歯になってしまっていたので、もうこれ以上派をだめにしないようにもと思って歯磨きも徹底しています。

葉が気持ち悪いなと思ったらすぐに洗面所に言って歯磨きをする感じで行っています。

口臭が匂うなと感じることが多いのは、朝方なので、朝起きたらすぐに洗面所で歯磨きをします。そのほうが絶対にいいと思ったことと、そのままではあまりいい気持ちがしなかったからです。なので私は毎日のケアを怠らないようにしながら毎日を過ごしています。結構この方法が一番良くて、一番シンプルな方法でケアできると思っています。

お金をかけて口臭ケアをするのもいいのですが、私はなるべくシンプルにお金のかからないケアをしていこうと思っています。少しずつ少しずつ良い状態をキープできればいいなということを感じています。

マスクをし始めてから気づいた自分の口臭

最近、コロナ禍の影響もあり、毎日マスクをするので、異様に自分の口臭が気になるようになりました。http://www.alt-base.jp/

マスクをしているから口臭が発生したのか、マスクをしたせいで口臭に気づいたのかは不明ですが、現在は自分の口臭に嫌気がさしています。最近は、毎日マスクをして外出するのがすっかり10週間になりましたが、毎日新しいマスクをつけるのはもったいないので、紙マスクではありますが、毎日洗って使い回しています。

かつては、ハンドソープで洗っていましたが、つけていると香りがきつすぎて頭痛がするので、最近は食器を洗う洗剤でマスクを洗うようになりました。

さて、肝心な口臭の件ですが、その対策として始めたのがタブレットを噛むことでした。しかし、根本対策にはなりませんでした。タブレットを噛んで1時間後くらいには効果が薄れてしまうのです。いろいろ、検討していると、私の歯にトラブルがあるのではないかと思い、しっかりと歯磨きをするようにしました。

かつて、歯医者に歯間に食べ物が詰まっていると指摘されたことがあるので、歯間ブラシも併用しています。そして、食べ物にも気を使うようになりました。特に、ニンニクなどのニオイが強いものは控えるようにして、今はなんとか対策ができていると思っています。

いつでも何も使わずにできる口臭のチェック

口臭は子供の頃から気にしていて、「○○くん、口臭い!」などと言われるとショックだったので、普段から口臭のチェックと、口臭が発生しないよう気を遣っていました。

ブレスマイルウォッシュを辛口評価!効果や口コミ体験談まで完全レポート!

口臭が発生しないように日ごろから気を付けているものの、何か臭いのするものを食べた後や、大勢の人の前で話しするときなど緊張して唾液が減るような場面だと口臭が発生してしまいます。「今、自分は口が臭くなっているのかな?」と気にして、会話をするときに人との距離を取ったり、少し人のいない方を向いてしゃべったりするなど、変に気を使っていました。

今、自分の口臭はどうか気になる時はよくありますが、自分の口のにおいをかぐことは難しいと思います。自分の口の前に手のひらを少し丸めた状態にして息を吹きかけても、微かな手のにおいと混ざり、口臭がするのかどうかよく分かりません。よく「自分で口臭をチェックする方法」というのをネットなどで紹介されていますが、口臭チェッカー、ティッシュやコップを使って確認するという方法です。どれも今すぐ確認したいという時に難し方法だと思います。

今すぐ何も使わずに口臭をチェックしたいなと思い続けていましたが、小学生のときに何も使わずに口臭をチェックする方法を編み出しました。その方法は舌を口の外に押し出すようにして息を吐き、顔を少し下に下げると口の中のにおいが分かるというものです。何もモノを使わない分、純粋に自分の口臭が確認できるので、いつもその方法でチェックをしています。

子供の口臭が気になるときの対処法と原因。

わたしは小さいころ、歯磨きが大嫌いでよくさぼる子供でした。それなのにお菓子は大好きという…結果、虫歯だらけになり、一時期泣きながら歯医者に通いまくっていた時期があります。歯医者で痛い思いをするたびに、ちゃんと歯磨きしていればよかったと後悔したものです。

ブレスマイルウォッシュの効果

そのような経験から、自分の子供の歯は大切にしようと、日々歯磨きの習慣をつけさせる工夫をし、子供もすすんで歯磨きをするようになってくれました。ところが子供が3歳くらいの時、ふと子供の口が臭いと感じる瞬間がありました。歯医者には定期的に通っていて、虫歯はないはずなのに…と思いながら、仕上げ磨きはいつも以上に丁寧にすることを心掛けました。

しかし、子供の口臭はなくなりません。むしろだんだん気になるようになってきたので、通っている歯医者さんに相談してみることにしました。すると、思いがけないところに原因があるかもしれないことを知り、驚きました。

まず、口呼吸が多いこと。口呼吸が多いと、口の中で細菌が増え、口臭が出てくるそうです。意識して観察してみると、私の子供は集中しているときなどは無意識に口呼吸になっているようでした。

次に舌についた汚れを落とせていないこと。これは歯磨きの時、歯だけではなく舌も磨かないと、舌についた汚れがにおってきてしまうとのことでした。私も確かに仕上げ磨きはしていますが、舌までは磨いていなかったので、盲点でした。

歯医者さんにアドバイスをもらい、この二つを改善しました。口呼吸ではなく、鼻呼吸がいつでもできるように、歯医者さんで教わった口元トレーニングを行いました。口元に筋力がないと、どうしても口呼吸になってしまうらしく、筋力をつけるトレーニングを継続的に行いました。トレーニングは様々あるそうですが、私たちは遊び感覚でできるものを選び、楽しみながら行っていました。それから、舌の洗浄です。これは歯磨きの最後に、舌の汚れを歯ブラシで落とすようにしました。舌専用の歯ブラシもありましたが、子供が慣れるまで時間がかかるなと思ったので、仕上げ磨きのついでに舌も磨く感じで行いました。

これを2カ月ほど継続して行い、子供の口臭はほとんどなくなりました。口臭のことを友達に言われると、精神的なダメージを受ける場合もあるので、早めに対処できてよかったと思っています。