ゴワゴワで艶がない。そのうえ、髪を洗ったら乾かない

私の髪は艶がありません。http://www.o-toku2007.com/

なので、艶出しのスプレーを使ってみたのですが、剛毛でゴワゴワな髪なので、艶というよりも油に見えないかが不安で、結局洗って落としました。

ゴワゴワも指に刺さるほどの硬さのある髪なので、トリートメントやリンスをしてもなかなか手ごわく、どうにもなりませんでした。

いつかツヤツヤでサラサラの髪の毛になったら、ロングヘアーにしてみたいと思うのですが、そこまで高い美容代を払える身分でもないので、結局世の中金だ。と皮肉な味方もしていますが、お金をかけても技術的に本当に治るのかという疑問もあるので、金をかけても無駄かもしれない疑惑もあったりします。

おそらくキューティクルが開いているのかなぁと思ったりしているのですが、根拠はなく、市販の「キューティクルを保護してサラサラに」というシャンプーとリンスも使ってみたのですが、効果はありませんでした。

製品が悪かった可能性もありますが、もしかしたら原因はキューティクルとは限らないのかな?と、勘ぐったりもしています。

とにかく髪の毛の情報が世の中に出回っていないので、何が正解かわかりません。

私がキューティクルを疑った理由は、髪の毛が乾くのが異様に遅いからです。

ドライヤーで1時間位乾かしているのに、まだ乾きません。

なんとかしたい私の悩みです。

髪の毛の状態改善について

髪の毛はあるに越したことはない。しかし、べったりの脂ギッシュな状態や、パサついた状態では、なかなか自信を持って外に出歩けない。髪の毛の状態を改善するには何をするべきなのだろうか。

完全レポート!プレミオール21日間スターターセットの効果と私の口コミ体験談!
 シャンプーにこだわることさまざまなシャンプーが世の中には出回っているが、安くて量が多いものは家計的には魅力的であるが、頭皮や髪の毛からすると残念なものが多い。皮膚には、最低限の皮脂が必要。皮脂は、乾燥から肌を守るもの。しかし、安いシャンプーは泡立ちを良くするために洗浄力が強く作られているものが多い。そのため、残すべき皮脂すらも洗い流してしまう。

すると、頭皮は、より一層の皮脂を分泌しようとする。その結果、過剰分泌になり、頭皮環境が悪くなり、かゆみの原因に。痒くなると頭皮を爪でかいてしまい、ふけの原因にもなる。なので、美容室や化粧品会社が制作している、洗いすぎず、肌にも髪にも優しいシャンプーを使うことが元気な髪の毛を少しでも長く保ち続けていくための第一歩と言えるのではないだろうか。

 次に、お風呂上がりの髪の毛のケアである。髪の毛の仕組みとして、キューティクルと呼ばれる魚の鱗のようなものが一本一本の髪の毛についており、それらは、水に濡れると開く。キューティクルは髪の毛を保護するためのもの。

髪の毛が濡れた状態だと、髪の毛は無防備の状態になってしまう。お風呂上がりすぐに、ドライヤーでしっかりと根元まで乾かしてあげなければ、髪の毛は無防備のまま、しかも、必要な水分までも空気中に逃げてしまい、傷もつきやすく、パサつきの原因にもなる。また、髪の毛が濡れた状態で寝ると、頭皮は枕で抑えられ、程よい温度、高湿度の環境ができてしまい、匂いやかゆみ、ふけの原因にもなる。これらが悪化することにより抜け毛の原因にもなってしまう。
 髪の毛は、他人から見られる第一印象の一部分になる。化粧することやおしゃれをすることに加えて、髪の毛のケアをもう一度見直すのも大切なのではないだろうか。

妊娠出産を経験して

もともと髪の毛にハリやボリュームが少なく、かなりの猫っ毛だったのですが、妊娠や出産を経験してから髪にボリュームが全くなくなってしまいました。http://www.greenmountainplonkers.org/

特に授乳中は髪の毛が大量に抜け、毛先も枝毛だらけになりパサついてしまって、ボリューム感も以前よりさらになくなってしまいました。いろんな種類のシャンプーやトリートメントを何本も試してみたり、美容院などでヘッドマッサージなどを行ったり、色々と対策は取ったのですが、その直後はハリやボリュームは戻ってくるのですが、数日経つとまた元の状態になるので、見た目的にもかなり老けて見られることが多くなり、とても悩んでいました。

そのため当時は周りの目も気になって、帽子が手放せませんでした。

帽子をかぶることができない冠婚葬祭や子供たちのイベントや行事などでは髪の毛が気になってなかなか楽しめることができなかったこともあります。長年色々と試してきましたが、子供たちも大きくなり時間にも余裕が出てきた頃に、ふと鏡を見ると気持ち少し髪の毛にハリやボリュームが戻ってきたような印象を受けました。

今となっては結局のところ子育てで寝不足が続いていたり、自分の時間が取れなかったことが、一番の原因ではないかと思います。